11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011箏曲部定期演奏会。

すっかり秋も深まりました。もう11月ですもんね。早いなぁ。

10月はというと、土日はほとんど飲み会か試合、月末は学祭と試合…とばったばたでした。よく風邪ひかなかったな私!笑 テュートリアルでしか勉強してないな…そろそろちょっとずつ勉強も頑張りたいところです( ´ ▽ ` )ノ


さて、10月28日(土)は学祭で箏曲部定期演奏会でした!今年は部員が増えたことで、手分けしてできる作業は早く準備できるようになった反面、朝の着付けを早めなければいけなくなり、6:50に学校に着くなんてできないから、1人暮らしの友達の家に前泊したりと笑、なかなか新しいこともたくさんありました(*^^*)

今年の曲目は
1.わらべうた(紅葉→ふるさと→家路)…全員合奏
2. 鷹…3年2人、4年2人
3.糸の調べ…2年2人
4.花かげ変奏曲…1年4人、3年2人
5.祝典協奏曲…2年2人、3年2人、4年2人

私は1.2.5を演奏しました。忘れないように感想を!


1.わらべうた
他の二曲に比べると簡単で、練習疎かにしてるから難しく感じるというパターン笑。私は全て二箏で伴奏だったので、メロディの邪魔にならないように柔らかい音質を心掛けて頑張りました。
聞いたことのある曲でお客さん受けを狙いたいという先輩方の意向が形になったもの。聞いた人もきっと導入で知ってる曲で嬉しかったろうと思います。 ふるさとが難しかったですが好きでした(*´∇`)

2.鷹
これは小学生の時に一箏を弾いたことがあった曲で、今回憧れていた二箏を弾けたことが感動でもありました。二箏は両手を使ったり、引き色、細かいすくいが多くて、当時は友達のお兄ちゃんが弾いていたパートでした。自分も弾けるようになったんだなぁという感慨深さです(* ´艸 `*)
前日の夜10:30までやったり、本番直前も着付けをしてから弾いたりと、不安要素の多い曲でしたが、その分たくさん練習した思いいれのある曲が仕上がりました。本番大きなミスをしなくて本当によかった…!

5.祝典協奏曲
6人で十七弦を除くひとり1パートという緊張感!私のパートは合奏部第一箏という、二手に分かれるときにはメロディラインになるという結構重要なお役目。しかし例年通りちょっと作曲した…笑。
合わせると伴奏になることもあり、20分ほどの長さの曲中に弾き方の工夫を盛り込みました。3楽章からなるので雰囲気がガラッと変わり、明るい曲調もしっとり聞かせるところもあって、弾いていてとっても楽しかったです!今度の先輩の結婚式で演奏する…かも…??弾くチャンスがあったら嬉しいな( ´ ▽ ` )ノ


今年の幹部の先輩方は本当に箏に対して熱心で、そのひたむきさが伝わってくるから、自分ももっと頑張らなくちゃとか、先輩の力になりたいとか、喜んでほしいとか、そんな感情が自然と湧き上がってくるのでした。人数が少ないこともあるんだろうけど、箏部の先輩後輩の関係はすごく密で、よく相談のってもらったり、恋バナを語りあったり。先輩が自然のうちに作ってくださった雰囲気は、とても温かくて素敵なものだったんだ(* ´ ω ` *)


先輩の引退で私たちが幹部に、私が部長になりました。まだまだ先のことだと思っていたのに、早いもので。
最近いつにも増して大好きになっている箏部を、しっかり今の雰囲気を守りつつ頑張りたいです♪

あ、あたし欲張りなので、バドもSP研も東医研も頑張りたいんだな!ついに全て幹部交代をしたので、大変な予感がするんだけど(学祭直前で始めて大量兼部をちょっぴり後悔した笑)、一年間充実した日々にするぞと意気込んでます(((o(*゚▽゚*)o)))


まずは11/10納会と、11/12の学会招宴での演奏にむけて、箏部幹部初仕事頑張りますー♪

今まで本当にありがとうございました!先輩との素敵な思い出を胸に、パチリ☆

スポンサーサイト

Secret

あなたは…


プロフィール

Chachaka

Author:Chachaka
絶対更新は少ないけど笑、よろしくお願いします♪
詳しくはコチラへ…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク集

いつもおじゃましてます…♪

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。