10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風林火山【最終回】

ここのところ忙しくてずっと書いていなかった風林火山記事。
しかし、いちファンとして、最後だけでもしっかりと書き残したいと思います…!(>_<)
 

(注)多少のネタバレを含みます。


最後は川中島の合戦。
先週は信繁と諸角の死をもってして終わってしまい、己の失策だと嘆く勘助。勘助を一言も責めず、軍師であることの自覚を促すにとどまる信玄。
そして今日、景虎との一騎打ちシーンを迎えます。
昨日のスタジオパークのゲストが市川亀治郎さんで、あの一騎打ちのシーンは本来コマ撮りするところを、Gacktさんの希望により馬で駆けてくる所から通しで撮ったものらしいですね!よく考えれば亀治郎さんはかなり危険ですが、“Gacktさんとの信頼関係があったから”とコメントされていました。
一騎打ち、あの誰も寄せ付けない白馬を乗り回すオーラがすごかった。。景虎が通ったというのに皆呆然としていましたからね。二度太刀を受けて七つの傷…というのはどういうことなんでしょうね?毘沙門天のなせる御業か。

勘助は鉄砲を受けてしまうわけですが、先週の次回予告ですでに潤んでいた私。即死かのようでしたから、真田陣を見られて幸せだったでしょうね。上杉方の一声の後に来た、一瞬の暗転が切なかった…。眼帯を手にした亡骸を見つけた伝兵衛の気持ちを思うと、いたたまれません。由布姫の忠告は勘助に向けた物であると、もし諏訪にいるとき(勝頼を迎えに行ったとき)に気付いても、きっと勘助のことだから御屋形さまのためにと動いたに違いありませんよね。

走馬燈のようにして流れる勘助の記憶、ミツがいて、由布姫がいて…武田を睨み、また武田の為に働き…まさに波瀾万丈だったのですね。それでこそ、晴信の月影となる、立派な軍師に成長していたのだろうと、感慨深くなってしまいます。エンディングはミツと見た花畑を思い出させるもの。過去との繋がりをみせながら終わってゆくのが感動でした。ミツといた頃の勘助が、勘助の原点であったから、軍師となってもらい受けた眼帯があの花畑に似合う姿となっていたのでしょうね。

内野聖陽さんのファンだからと見始めた風林火山。最初から最後まで見続けた大河ドラマは初めてです。山梨に旅行に行ったり土曜の1時も見ることがあったりと、どっぷり浸かってしまった作品でした。予定より1回放送が増えたというのもよくよくわかる大迫力のラスト、しかも最後は拡大版で、1年の終わりにふさわしい最終回であったと思います。
1年間を通してこの作品を見ることが出来て本当に良かったと感じています。内野さんに、大河に携わった全ての方に感謝の言葉を言いたいです。

1年間、笑いと涙とを、ありがとうございました!!


スポンサーサイト

Chachakaさん、こんばんは。お久しぶりです。
最終回も見ごたえありましたね。両雄の一騎討ちはあまりにも有名なので、予定調和的になるかと思ったのですが、今までのドラマでも一番良かったかもしれません。
内野さんの演技も鬼気迫るものがありましたが、勘助の最期は理屈抜きで泣けました。風林火山は笑えるシーンもありましたし、本当一年間楽しかったです。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

風林火山~最終回・見果てぬ夢

風林火山ですが、武田信繁、諸角虎定(加藤武)と相次ぐ討ち死にで、武田軍は劣勢に立たされます。本陣では武田信玄(市川亀治郎)が「勝つのじゃあ、勘助!!」と気合を入れますが、山本勘助(内野聖陽)は何かを決意したかのように自ら前線に向かいます。(風林火山、最...

あなたは…


プロフィール

Chachaka

Author:Chachaka
絶対更新は少ないけど笑、よろしくお願いします♪
詳しくはコチラへ…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク集

いつもおじゃましてます…♪

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。