02
1
3
5
6
7
8
10
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じかん。

教養演習(小論文対策授業)の課題…
私たちのクラスの最後のテーマは「時間」でした。2時間の講義の後に出された課題は、2003年慶應義塾大学(文)の小論文。

「あなたは、人間が時間をコントロールすることは可能だと思いますか。それとも不可能だと思いますか。三つの文章を手がかりにして、自分の考えを述べなさい。(500字以内)」

そして3つの課題文がこちら
・柏木 博「日用品の文化誌」
・戸田 盛和「エントロピーのめがね」
・ミヒャエル・エンデ「モモ」


3つ目は中学受験問題の練習で読んだ事ある記憶…懐かしい感じです(^^)
いつものごとく載せてみますが、先日のハイデッガーの影響を大きく受けているような。今年に入ってからピーターパン、ハイデッガー、教養演習…と多く時間論を扱っている気がするよ。やはり嫌いな分野ではないから力入っちゃうんだけどね。

以下で500字。小論文なので題名等は無し。


私は、人間が時間をコントロールする事は可能だと思います。コントロールするということは、流れていく時間そのものを物理的に操る事だけでは無いと思うからです。
 魔法瓶を考え出した事で、人間は少しは時間に反抗できるようになったのかもしれませんが、それも完璧なものではありません。物理的ではなく捉えると、例えば同じ二時間でも、映画を見ているときは気がつくと時が経っており、苦手な授業の時はなかなか時計の針が進まないように感じます。これはその時間をどのように感じるかという、自分の心次第であるといえるでしょう。
 そう考えると、今与えられている時間をどのように捉え使っていくのかが、時間をコントロールする事に繋がるのだと思います。過去と未来の存在があるから現在があるのだと理解する事は、一層現在をどう過ごすべきか考えることになります。物理学で不可逆な向きと捉えられるように、時間が有限である事に気付く事は、自分の時間を見直す契機となるでしょう。その事を理解した上で、自己の感情をその時々に合わせられるようになれば、本当の意味で時間をコントロールできるようになるのだと、私は考えます。



500字ってあっという間だね
来年こういう課題が無くなれば、勉強する時間できるようになるかなぁ。なるといいなぁ。…笑
スポンサーサイト

あなたは…


プロフィール

Chachaka

Author:Chachaka
絶対更新は少ないけど笑、よろしくお願いします♪
詳しくはコチラへ…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク集

いつもおじゃましてます…♪

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。