10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風林火山【最終回】

ここのところ忙しくてずっと書いていなかった風林火山記事。
しかし、いちファンとして、最後だけでもしっかりと書き残したいと思います…!(>_<)
 

(注)多少のネタバレを含みます。


最後は川中島の合戦。
先週は信繁と諸角の死をもってして終わってしまい、己の失策だと嘆く勘助。勘助を一言も責めず、軍師であることの自覚を促すにとどまる信玄。
そして今日、景虎との一騎打ちシーンを迎えます。
昨日のスタジオパークのゲストが市川亀治郎さんで、あの一騎打ちのシーンは本来コマ撮りするところを、Gacktさんの希望により馬で駆けてくる所から通しで撮ったものらしいですね!よく考えれば亀治郎さんはかなり危険ですが、“Gacktさんとの信頼関係があったから”とコメントされていました。
一騎打ち、あの誰も寄せ付けない白馬を乗り回すオーラがすごかった。。景虎が通ったというのに皆呆然としていましたからね。二度太刀を受けて七つの傷…というのはどういうことなんでしょうね?毘沙門天のなせる御業か。

勘助は鉄砲を受けてしまうわけですが、先週の次回予告ですでに潤んでいた私。即死かのようでしたから、真田陣を見られて幸せだったでしょうね。上杉方の一声の後に来た、一瞬の暗転が切なかった…。眼帯を手にした亡骸を見つけた伝兵衛の気持ちを思うと、いたたまれません。由布姫の忠告は勘助に向けた物であると、もし諏訪にいるとき(勝頼を迎えに行ったとき)に気付いても、きっと勘助のことだから御屋形さまのためにと動いたに違いありませんよね。

走馬燈のようにして流れる勘助の記憶、ミツがいて、由布姫がいて…武田を睨み、また武田の為に働き…まさに波瀾万丈だったのですね。それでこそ、晴信の月影となる、立派な軍師に成長していたのだろうと、感慨深くなってしまいます。エンディングはミツと見た花畑を思い出させるもの。過去との繋がりをみせながら終わってゆくのが感動でした。ミツといた頃の勘助が、勘助の原点であったから、軍師となってもらい受けた眼帯があの花畑に似合う姿となっていたのでしょうね。

内野聖陽さんのファンだからと見始めた風林火山。最初から最後まで見続けた大河ドラマは初めてです。山梨に旅行に行ったり土曜の1時も見ることがあったりと、どっぷり浸かってしまった作品でした。予定より1回放送が増えたというのもよくよくわかる大迫力のラスト、しかも最後は拡大版で、1年の終わりにふさわしい最終回であったと思います。
1年間を通してこの作品を見ることが出来て本当に良かったと感じています。内野さんに、大河に携わった全ての方に感謝の言葉を言いたいです。

1年間、笑いと涙とを、ありがとうございました!!


スポンサーサイト

風林火山【26】

今日は完全に戦系のストーリーでしたね。由布姫なんて最後の数秒かしら…笑;;
由布姫に言われたあの回以来、晴信はもう信虎状態を突っ走ってますね(-.-;)勘助の進言も全くの無視。力ではなく策略を組むことを重視していた頃の、優しい親方さまに戻ってくれる日はくるのでしょうか。。甘利も板垣もどうしてよいやら、という感じなのでしょうが、来週の予告の甘利が気になりますねp(^^)q
Gacktは赤い着物が艶やかでしたね笑。ほんとお人形さんみたいな顔立ちです…義のないような家など滅びた方がよい、といいきった景虎を見ていると、若き晴信を思い出します…。
平蔵も間者としてでてきたし、いつも通りどうなることやら…という感じですが、また次週ッッ(*´艸`)

風林火山【24】

最近時間もとれずさぼりがちで…久々書くことにしますっ;
由布姫には勘助の安否を伝えずにいましたが、無事に戻ってきましたね。鉄砲で倒れたきりでしたが、真田に助けてもらって…幸隆と勘助の“馬糞“を巡るやりとりが妙に現代風でおもしろかったですね。
ようやっとGacktの登場でファンの方は安堵されていることでしょう。今回は2シーンほどでしたが…笑。
Gackt登場ということは段々複雑になっていくわけで…由布姫が『親方さまは勘助がいなければ早くに負けていたかもしれない、と板垣殿がおっしゃっていました』などと余計なことを言うからっ!!先代信虎を見ているかのよう、といわれるまでに荒れていた晴信。あぁ気の毒に…。
由布姫のあの一言でこれからも少し変わっていきそうですね。親方さまをお慕いしているならもっと考えなさいといいたいところ…まぁ四郎が元気でよかったよかった(ぉ
次はさらなるGacktとの絡みに期待したいと思いますよ(*´∀`)

風林火山【22】

由布姫に関する一連の話も済み、武田の動き、という回でしたね!御子が出来て涙する勘助…8時からまだ数分しか経ってないのに泣いてる…とびっくりな感じでした。
やはり雪斎はすごく深い人物ですね。その雪斎の意図するところを読み取り、勘助の助言から北条と今川の和睦を決意した晴信もさすがですね。今川義元役の谷原さんが久しぶりの登場です。還俗して雰囲気変わりましたね。「たわけが!!」とか王様のブランチからは想像できないわ…笑。
今川も北条も、あの時の勘助がまさか武田の軍師になっているとは…驚いたでしょうね(>_<)
感動的だったのは、板垣が勘助に対して疑いをかけるシーン。勘助が夜道を由布姫を捜しに走っているところが目撃され、板垣は「由布姫を慕っておるのか?」と問いかけます。勘助が、流浪だった自分にとっての国のようなものだと語ると板垣は「山本勘助という男をわかった気がする」と初めて認めてもらえた勘助。ミツの名前も登場し、以前ミツに対して「城だ」と言った勘助を思い出しました(*^_^*)板垣が勘助に対して抱いていた不審も解消されたようで何より。すっかり武田に馴染めたのだなぁという印象です。
次週予告からはどんな展開になるのかいまいちわかりませんでしたが(歴史を把握してないので…笑)また楽しみにしていたいと思います。なによりわがまま姫様が一段落ついて本当によかった。。

風林火山【21】は中間試験中のためお休みいたしましたm(_ _)m

風林火山【20】

ついに第二十回ですね!!そして板垣は出なかった…;;
望月城への奇襲のあたりで早速混乱する私。。とにかく内通していた二人の活躍で武田は勝利をおさめます。個人的に好きな教来石&勘助コンビのはたらきもあってですね。老中方からいっそ勘助を軍師にしてこそこそ作戦をたてないでくれ、との願いありでついに軍師になった勘助。脱アワビです笑。
平蔵たちは情けで落ち延び、小屋で真田と突然の再会。思わずつっこみたくなりましたよね。そこにいたの?!みたぃな…笑
思わずつっこみたくなるといえば、晴信の『武田に来てどのくらいになる』という問いに『2年になります』と勘助が答えると、半年だ、と晴信…。抜けてるやりとり多いですよね…最初の問いに『由布が』ってちゃんと主語入れなよ!!と思ってしまいます。いつもながら妙にほのぼのしてますね。。(´Д`)
結局心は開かない由布姫。『その心そなたに』なんて言ってしまっていいんだろうか…三条への態度といい、ちょっと今日はすごかったょぅに思います(゜.゜;)お騒がせな姫ですね…ホントに…。
まぁ来週はもっとお騒がせなようですが笑。。三条の身を案じながら、次週を待ちたいと思いますー(゜ワ゜*)

あなたは…


プロフィール

Chachaka

Author:Chachaka
絶対更新は少ないけど笑、よろしくお願いします♪
詳しくはコチラへ…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク集

いつもおじゃましてます…♪

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。